小規模介護事業所職員研修で講師を務めました。

本日は、山口県社会福祉協議会さま主催の
小規模介護事業所職員研修にて研修講師を務めました。

コロナウィルスの感染拡大が続く中で
同日予定されていた聖火リレーも中止となりましたが、
6名の方のご参加を頂きました。

午前の部、午後の部で合計5時間の研修にもかかわらず
最後までお付き合い頂きましたことに感謝申し上げます。

午前の部は、職員のみなさまが知っておきたい守秘義務のお話。
・ ご自身の個人情報が漏れてしまったら?
・ 個人情報保護法の基本的な知識
・ 医療・介護業界での過去の裁判例
・ 個人所有のスマートフォンを業務に利用するリスクやSNSの問題点、
・ 共に働く仲間のプライバシーを守ることの大切さなど
ご紹介しました。

午後の部は、アンガーマネジメント。
過去の受講者の声をお聞きしても
利用者に対してネガティブな感情を抱かれる職員の方は少ないように思いますが、
ご自身の心身の状況や、業務が重なる時間帯、夜勤時など状況によっては
イラっ、カリカリ、といった感情と折り合いを付けながら、仕事をされる場面もあるのではないでしょうか。
日本アンガーマネジメント協会の入門講座をベースに
みなさまと一緒に怒りの感情について学ぶ時間としました。

本来であれば、個々のワークの後に
受講者同士のシェア等を取り入れ、その中から気づきを得て頂くべきでしたが、
プログラムの進行において、
感染予防から慎重になりすぎてしまった反省も残ります。

今後とも、「教える、教えられる」の場づくりを通じて
受講者のみなさまが、
現場に戻られた際にお役に立てるような研修をご提供できるよう努めます。

受講者のみなさま、山口県社会福祉協議会研修部のみなさま
ありがとうございました。

【午前の部】 10:00~12:00
  テーマ : 介護現場で求められる守秘義務
        ~人の口とインターネットに戸は立てられない~
【午後の部】 13:00~16:00
  テーマ : アンガーマネジメント
        ~怒りと上手に付き合うコツ~